事務所の災害への備え

企業の事務所には災害への備えが必要になります。地震などへの備えとして、従業員の数だけのヘルメット、軍手、懐中電灯などを備えています。他には、非常時に事務所内で数日間の生活が可能なだけの飲料と非常食が備えられています。各自に非常用の物品を配布している場合もあります。更には、簡易トイレも用意されており、帰宅が困難になるような自然災害に備えています。そのような備えは企業の事務所としては最低限の必要なことであると言われています。一昨年の大震災において、多くの帰宅困難者がいました。それを契機として、事務所の防災態勢を整備した企業が多数あります。突然の大震災で交通機関が麻痺して、事務所内には非常食も用意されていないという事態になった企業も少なくありませんでした。大企業はそのような備えをしていますが、中小企業は備えをしていなかったからです。その反省から、最低限の非常時への備えを急いで行った企業が多数あります。